何事もポジティブ思考‼️

新型コロナの影響で学校が休校になって一週間が経ちました。始めは当塾の対応で正しいのか不安がありましたがほとんどの生徒さんが休まず、コマ割りの分散体制に合わせて来てくれています。保護者の皆さまにはご理解ご協力を頂きまして大変感謝致します。

この一週間を振り返ってみますと子供たちは普段よりパワーがあって、集中して練習をしています。学校に行ってないぶん疲れてないからパワーがあるんだと思いますが、それ以上に友達と顔を合わせて嬉しい、楽しい、んじゃついでにそろばんも頑張るかぁと、そんな感じにみえます。

思いもよらず、良い感じが教室内に起きています。そんな様子を見てますと、やっぱり休みにせず、やって良かったなぁと思っています。

検定が中止、延期になった事についても練習期間が増えたと捉える事やコロナ感染防止策の少人数体制も一人一人をいつもより良く見れるとポジティブに思う事って大事な事なんだと感じた一週間でした。

また、マスクや消毒液を買うために普段より早く起きて薬局やホームセンターに並ぶ事も、最近は福袋を買う時の感覚になってきたりしています。笑(変なポジティブ思考になってます)(^○^)

実際いつまで続くか分からないこの状況ですが、感染予防をしっかりして体調管理に気をつけましょう。

小学校卒業まで

この時期になるとそろそろ、そろばん塾を卒業する生徒さんが出てきます。中学生になると勉強、部活で忙しくなるなどの理由で卒業していきます。それはそろばん塾あるあるなんですけど、ウチの教室は小学校より中学校の方が近いせいか中学生になっても通い続けてくれる生徒が多いんです。自分の目標の段位をとるまでは!と頑張って来てくれます。

そういう子ってそろばんの面白さが分かって、そろばんが好きなんですよね。ソロバンを弾いてると落ち着くとか、パチパチと音を聴いてるだけでも落ち着くなんて言ってくれるんです。

ほんと、嬉しくなります‼️小学生の低学年から習って、難しくて嫌になったりもしたハズなのに、そう言ってくれたりするんですよ。そんな子達でもやっぱり、高校入試が近づく頃には卒業していくんです。寂しい限りです。学校と違って、卒業式があるわけでも無いので、尚更寂しかったりしています。

でも、嬉しい事もあります‼️

高校入試の合格をわざわざ、教えに来てくれるんです。ありがたい。そろばんの先生を仕事にして良かったと実感します。

ちょっと話を戻しますが、都会などでは近年、そろばんは5年生ぐらいまでにして中学受験の準備のため学習塾に変える事が増えているそうです。(そうですというのはウチではあまり実感が無いので)

私は学習塾に通い出すタイミングでそろばんを辞めてしまうのはなんか、違うような気がします。せっかく習った習い事ですし、目標までは頑張って続けてほしいと思います。実際自分も小学生の頃は5年生から学習塾に通い、それでも週5日そろばんを練習していました。まぁそれで今があるわけですが(^^)

珠算人として言いたい事は、そろばんを途中で卒業してしまうとそろばんの良さや、凄さが充分に伝わらないままになってしまって、次の世代に繋がらなくなってしまう恐れが出てくることです。習った子ども達が習って本当に良かったと思ってくれるレベルまで教えていかないと良しとはなりません。

ですので、生徒のみなさんにはこれからもなるべく永く通ってもらい珠算をマスターしてから卒業していってほしいと思います。

珠算は必ず役に立つ